高齢者グループホームとは?

ホーム高齢者グループホームとは?

みどりのそよかぜ グループホームとは? ご利用できる方

地域密着型サービスに位置付けられる高齢者グループホーム(認知症
対応型共同生活介護)で、少人数の高齢者が家庭的な環境の中で
ケアスタッフのサポートを受け、現存する能力を維持しながら
共同生活を営むための住居です。生活スタイルは9人を単位(ユニット)とし、ユニット毎に居室(個室)、共同のリビング、キッチン、浴室などが配置されています。
ご利用できる方
認知症の診断と要介護認定を受けている方
(要支援2 要介護1~要介護5)
②他人に危害を加えたり自傷行為のない方で、
 共同生活を楽しんでいただける方
③日常的に医療行為を必要としない方
④横浜市内にお住まいの方(住民票)
 *生活保護受給者は利用できません。
正面玄関
かながわ認証 県内の優良な介護事業所を神奈川県が認証する仕組みです。サービスの質や人材育成、処遇改善等について、一定の水準を満たしている事業所が認証されます。
臨床美術活動施設  画家の池田洋子先生と一緒に作品を制作します。入居者様とても楽しそうに参加されています。

みどりのそよかぜ」は横浜市青葉区の閑静な住宅街の中にある高齢者グループホームです。

あざみ野駅からバスに揺られて5分。みすずが丘にあります。

地域密着型サービスですので、横浜市に住民登録のある方のご入居可能です。